制作中です。もうしばらくお時間を頂戴いたします。

『織りの着物』の特長や装い、産地別にご紹介

■織りとは
織りの縦糸を「経糸(たていと)横糸を「緯糸(よこいと・ぬきいと)」と呼ぶ。
白生地・色無地は、一色の色の糸でシンプルに織られたもの。
経・緯糸の一部を染め分けて織られたものに、紬・絣・格柄がある。
緞子や綸子・錦織・綴れ織などは糸の色を染め分け、織り方を変化させることで、模様を作り出したもの。
糸を染めてから織り上げるので、糸同士の結びつきが密になり、しっかりとした仕上がりになる。
目地が詰まっているという感じ。

■牛首紬の産地
牛首紬 産地/石川県石川郡白峰村

牛首紬の特長

■牛首紬のこと
締機(しめばた)技法という織り方で、経・緯糸を針で絣模様を描きながら織り進めていく根気のいる手仕事。
この絣模様を織り上げるのには、防染という糸の染め分けが欠かせない。
防染には、絞りという 糸で括って、そこだけ染色をしない方法と、大島紬などのように、糸の状態で染まらないように 保護をして白く残す方法がある。こちらを、絣括りという。

泥染めは、シワになりにくく、丈夫で、虫もつきにくく、燃えにくく、汚れがつきにくい。

結城紬や、牛首紬、信州紬など その他の紬は、こちらからご覧ください。 紬の着物を見る   
牛首紬の説明を見る