ホーム > 当サイトについて

きものお洒落庵へ、ようこそ!

きもの情報を、お届けいたします。 きものお洒落庵は、きものが着たいけど、なかなかチャンスがないとおっしゃる方へ宛てて作っています。
きものに関するお話は、調べても調べても、次々新しいことが出てきます。
古いけど、現代人にとっては、日本人でありながら神秘的な和の世界です。
そんな、和の魅力に癒しすら感じる わたくし管理人のみどっちが、ぼちぼちと制作しております。

和装をレンタル 和装をレンタルするのページでは、オンラインレンタルショップを ご紹介しています。 旅先での着物レンタルは、経験された方も多いかと思います。 違う自分に変身できた喜びはひとしお。このシステムはウェブレンタルショップを利用しても 味わえます。しかも、冠婚葬祭だけでなく、アンティークきものレンタルなどもあります。 購入する前にレンタル。利用のし甲斐があります。

和装を買う 和装を買うのページでは、文字通リに、着物を購入する際にお役に立てるような情報を掲載しています。
ページの中では、ふたつのリンクがあります。
サイト内リンクこちらのアイコンがついたテキストでは、きものお洒落庵のサイト内での説明ページへとリンクされています。
外部リンクと、外部リンクこちらのアイコンがついたテキストでは、着物通販店舗のサイトにリンクしています。
気になる情報や、気に入った着物などが見つかりましたらアンダーラインのついた文字をクリックしてみてくださいね。

和装を知る和装を知るのページでは、きものの分類を、TPOから、織りや染の着物の特長などの お話を載せています。
最近では、訪問着として着れる紬なども織られていて、織りの着物は、染めの着物より格が下がるという固定観念も消えつつあります。
また、現代人が気軽に着れるようにカジュアル着物も開発されています。
日本の美しい民族衣装 着物に関心を寄せるきっかけに、一役かえれば何より嬉しいです。
デフレで、物つくりの現場の危機感も感じます。
反物になるまでの職人さんの手業を、知ると知らないでは、着物を理解するのに雲泥の差が出ます。
大島紬など気の遠くなるような工程を経て、きものに仕立て上げられます。
愛着を持って大切に着たいと思えるようになります。
高価であることにも、理由があるのがわかります。
どうぞ、きものを見る眼を肥やして、立ち振る舞いをたおやかに、着物美人生活をエンジョイしてくださいね。

本日は、ご訪問ありがとうございました。
感謝いたします!!

簡単自己紹介

管理人みどっち はじめまして。 きものお洒落庵のサイトを運営しています、みどっちと申します。
この写真は、以前に陶器と古楽面のウェブショップをしていたときのものです。 岡山県倉敷市の工芸品のお店を訪問して、店主とお話しています。
作陶や縫い物が出来る、穏やかで心の円いおばあちゃんになりたいですね。 今はまだ、とんがってますので。 自分をもてあまし気味です。
祖母から受け継いだ着物